私の仲間と会いませんか?





心療内科の待合室で座っていると、背後から声をかけられた。

「ころりさん」

ドキッとして振り返ると、そこには穏やかな笑みを浮かべた美智子さんがいた。

美智子さんとは、以前この病院で知り合いになり、初対面からライン交換をしてしまった人だ。

(▶人の悩みを聞くのが得意だと言う人

あれからも1、2回ラインが送られてきたが、私はこれ以上距離を詰めるのが重く、当たり障りのない返答をするのみで、どこかで一線を引いていた。

それが文面からも伝わったのか、いつの間にか美智子さんからは連絡が来なくなっていた。

なので久々に顔を合わせるのは気まずかった。

だが仮面を被るのが得意な私。
何も気にしてないような顔をして、「あ、お久しぶりですー」とワザとらしく明るい声を出した。

美智子さんも以前と同じく穏やかな優しい声で言った。

「ころりさんにまたお会い出来て良かったです。私、ラインを送り過ぎたかな…って気になっていて。ご迷惑でなかったですか?」

そう聞かれて「迷惑です」と答えられるはずもなく、

「いえいえ、そんな。嬉しかったです」と、心にも無い事を言ってしまった。







そして美智子さんは私の隣に座った。

悪い人ではない。優しいし私を傷付ける事もなさそうだ。なのになぜか私は内心、「早く診察の順番が来て欲しい…」と思った。

しばらくは体調の話や天気の話をしていたのだが、ふと美智子さんが言った。

「ころりさん、良かったら今度私の仲間と一緒に会いませんか?」

「仲間?」

「私、いつも助けてもらっている仲間がいるんです。きっところりさんも皆に気に入られると思うので」


どんな仲間なのか、どうして私を誘うのかは分からなかったが、こういう距離感の近さが苦手だと思った。

私と彼女はただの患者同士。
心療内科で一度会っただけの関係だ。

なのにどうして「仲間と会いましょう」となるのだろう。

私は重くなり、
「すみません、最近体調も良くないので…」と断った。

すると美智子さん、
「そういう事も相談出来る人達ですよ」と押してくる。

その時、看護師に私の名前が呼ばれ、私は彼女から解放された。

診察が終わりビクビクしながら待合室を覗いたが、彼女の姿は無かった。
私はそのまま逃げるように病院を出た。

その後、彼女からの連絡は無い。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事