子供が欲しいから離婚





磯野貴理子さんの離婚ニュース。

「自分の子供が欲しい」と夫から言われたのが離婚理由なんて、子なし主婦にとっては聞くだけで切ない。

これが本当の理由なのか、夫の言葉の裏には別の理由があるのかは分からない。

だがネット上でも夫への批判が目立つ。

子供ができない事は結婚する時点で分かっていたはず。
今更そんな事で離婚するなんて無責任、非情。

しかし私も自分の事を振り返ってみた。
20代の頃はもちろん、30代になっても後半になるまで私自身が子供が欲しいと思えなかった。

40歳目前になり突然焦り、子供がいる人生を歩みたいと強く思った。
まさか自分がそんな気持ちになるなんて若い頃には想像もしていなかった。







年齢と共に考え方や人生観が変わるのは自然な事。
もし夫からその気持ちを正直に打ち明けられたら、とても私には夫を責められないと思う。

責任や義務感だけで一緒にいてくれても幸せになれない。
こちらもずっと罪悪感を持ち続けるだけ。

ただ、子供を超える夫婦関係を夫と築けなかったのだと思うと虚しくなる。
年齢と共に子供が欲しくなるのは自然な事でも、それ以上の夫婦の信頼関係があれば、「妻以外との子供ならいても意味がない」と思ってもらえる…はず。

なので結局は子供が持てないから離婚というより、それまでの関係だったと思うしかない。

以前、子供がいない友人が、「このまま子供が出来なかったら絶対に離婚する。一緒にいる意味がないから」と言っていた。

その後彼女は無事妊娠し、現在小学生の子供がいる。
離婚もせず、家族3人で記念撮影した年賀状が毎年送られてきていた。

それは彼女にとってはパーフェクトな人生なのかもしれない。

だけど私はなぜか羨ましく思えない。
夫との愛情があってこその子供だと思いたい。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事