化粧をしたはずだったのに





私にしては珍しくマスク無しでスーパーに買い物に行った。

今多いと言われている「マスク依存」。私もその傾向がある。
マスクをつけていると気持ちが落ち着く。

この日も本当はマスクをしたい気持ちがあったが、家を出る前に玄関で靴を履いた瞬間、マスクを忘れた事に気が付いた。

取りに戻ろうか…一瞬迷ったが、この日は化粧もしていたし、戻って愛犬が騒いでもいけないと思い、マスクを諦めて家を出た。


そしてスーパーで買い物をしていると、何か恥ずかしい。
まるで服を着忘れているかのように落ち着かない。

誰も私を事など見てはいないのに、周囲の視線が気になって仕方がない。

やはりマスクを取りに戻れば良かった…早速私は後悔し始めていた。








さらに知人に会ったらどうしようという不安。

マスクをしていても会うと嫌なのは同じだし、久々に会った知人の前でマスクを外さないのも失礼な気がする。
なのでマスクをしていようがしていまいが、結局は同じなのに、自分が気付かないうちに相手に私の姿を見られる事が嫌だった。

そもそもマスク依存の人は自意識過剰なのだろうか。

そしてそのまま誰とも会う事なく、私はホッとして帰宅した。

その夜。

私は化粧を落とそうとしてクレンジングを手にしたまま、ふと目の前の鏡を見た。

え⁉まさか!

鏡に映る私はまさかのスッピンだった。

という事はこの日一日、私はスッピン顔を世間にさらしていたのか…。
知人に会わなくて良かったと心底思った。

それにしても…出かける前の私は「化粧をした」と思い込んでいた。思い違い、物忘れにも程がある。

自分の脳が劣化しているようで怖い。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事