誰もいない住宅街





久しぶりに安定剤を服用した。

眠れない時や精神的に不安定になったら、早めに服用するようにと医師は言うが、癖になりたくなくてつい我慢してしまう。

しかしいざ服用してみると、やはり眠りの深さが違う。
こんなにぐっすり眠ったのは久しぶり。

途中で何度も目覚めたのだが、それでも次の瞬間には眠りに落ちた。

朝になり起き上がってみると、頭がスッキリしていた。
目の重さや吐き気も無い。

カーテンを開けると良い天気で、いつもならそれも嫌なのに今日はなぜか気持ち良かった。

本来ならGWはずっと休みの予定だった夫は、「仕事が気になる」と言い、朝から出勤してしまった。タダ働きなのに。










私は一人リビングから外を眺めた。

よし、花壇の手入れをしよう。

珍しく動きたい気分だ。
というより、日光に当たりたい。

玄関から外に出ると、意外に静か。
GWの前半は子供の声が煩く、井戸端会議の主婦達や家族連れ同士の話声で、ウンザリした気分だったが、なぜか中盤になりこの静けさ。

どうやら多くの人は旅行や実家への帰省で留守らしい。
夜になり近所の家を見渡しても、窓の明かりが消えているから。

静かな住宅街の一角で私は一人、土を触った。

スコップで土を掘る。
ザッ、ザッ、ザッという音がやけに大きく響いている気がした。

なんだかあまりにも静かすぎて、「この静けさは正月の朝ようだな」と思った。

暖かい日差しを背中に浴びながら黙々と作業をしていると、汗が噴き出てきた。

とても気持ち良かった。居心地が良かった。
いつもは嫌なこの地域も、近所の人達の気配がないだけでまるで別の場所のようだ。

改めて思う。
私は外が嫌いなのではなく、人がいる場所が嫌なのだと。

誰もいない外では心が自由になれるような気がした。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事