最悪なGWのスタート





体調が悪い。
眩暈と吐き気、手の震えと足の冷えが酷く、何も出来ない状態だった。

季節の変わり目で自律神経が乱れたか?

今までも何度も書いたが、私は冷え性だ。
それがこの1週間程前からさらに酷くなり、前回の記事で毛布の事を書いている間も、足の感覚が無くなる程冷えているように思えた。

真冬なら暖房をつけ、コタツに入り、電気毛布まで使っていたりする。
常に温める事に気を付けているからか、冬の方が冷えていなかったりする。

それが春になり急に暖かくなったものだから油断してしまったのか、時々裸足で過ごす日もあった。(私はなぜか靴下を履くと余計に冷えるように感じる)

そんな油断のツケが一気にやってきた。

朝起き上がった瞬間、グラッと天井が回った。
ドアまで歩こうとしたが、酔っているかのようにフラフラする。

と思った瞬間、猛烈な吐き気。
トイレまでは遠く、私は吐き気を我慢してベッドに丸まった。








それから数時間、とても動けない。
そして異常に寒い。

あまりの寒さに暖房を入れたが、足先の冷たさは改善されない。

私は這うようにして電気毛布をクローゼットから取り出し、設定温度を「強」にして温まるのを待った。
早く早く!と足先をこすり合わせながら。

ようやく足先の冷たさ、怠さ、痛さなどが薄れてきたと思ったのはそれから30分程過ぎた頃。

不思議と足先が温まると吐き気もマシになったような気がした。

起き上がりキッチンに行き、インスタントの味噌汁を作る。
何か暖かくて塩味のものが飲みたかった。自然と体が必要なものを欲するのだろうか。

その後ゆっくり味噌汁を飲んでいると、吐き気が消えていったような気がした。

ただまだ船の上にいるかのように、視線を動かすと目の前が揺れる。

病院に行こうという発想は無かった。
とても行く気力と体力がない。病院まで無事たどり着ける自分が想像出来なかった。

その後も暖房の入った部屋でずっと丸まっていた。

夜になり夫が帰宅し、その部屋に入ってきて驚いていた。

「何?この部屋!暑すぎる!」

確かに。この時期に暖房と電気毛布が必要な人って私ぐらいだろう……。

世間は楽しいGWかもしれないが、私は真逆のスタートとなった。







***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事