油断出来ない義母との会話





夫の実家に行き、義母と会話している時、うっかりガスコンロの話をしてしまった。

「調子が悪いので買い換えようと思うのですが意外と高くて」

すると義母が言った。

「今から買い換えるならコンロは電気に変えるべきですよ」

「え?でもまだ早くないですか?もっと歳をとってからでもいいと思うのですが…」

「ころりさん、私は電気の方がいいわ」

???


鈍い私は最初、義母がIHに拘る意味が分からなかった。
自分の家のキッチンならまだしも、息子の家のキッチンのコンロが何であろうが関係ないのに――と思った。







だが義母が言った一言でようやく理解した。

「私達が同居するのもそう先の話ではないでしょう?」

しまった!そういう事か!

まさか私の家のガスコンロの話が、同居の話に繋がってしまうとは思いもしていなかった。

「老人がいる家では電気が一番安全でしょう」

「いや…まぁ先の事はどうなるか分からないですしね」

精一杯の抵抗。
私が直接、同居をする、しないという会話をしたくないし、するつもりは無い。

そういう事こそ実子である息子と相談して欲しいし、その上で私が夫から「同居して欲しい」と言われれば、その時にはハッキリ私の主張をするつもり。

それなのに…。
なぜか義母は実の息子にそういう話をしようとしない。
それよりもなぜか嫁である私にその話をする。まるで私の気持ちを探るように、こうして時々「同居」の事を小出しに言い始めるのだ。

少しずつ外堀を埋められているような…そんな気分。

義母との会話は油断出来ない。
改めて心の中で線を引いた。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事