万引き家族





先日観た「未来のミライ」が期待外れだった私。(→未来のミライ

今回アカデミー賞にノミネートされているもう一つの作品、「万引き家族」。

とても話題になっていたし、公開当初はパート先の主婦や義母までもが、「私も観たい」と騒いでいたので、逆に私は抵抗があった。相変わらずの天邪鬼。

それに私は是枝監督の作品が苦手だった。

重いというか、リアル過ぎるというか。
全ての作品を観た訳ではないが、「誰も知らない」「歩いても歩いても」「奇跡」「そして父になる」「海街diary」あたりは一応最後まで観たように思う。「三度目の殺人」に至っては最後まで観る根気がなく途中で挫折した。

あとテレビドラマの「ゴーイングマイホーム」を観た時も、「やっぱり苦手だわ」と再確認した思いだった。(しかし苦手と言いながらも意外に観ているな、私)







どの作品にも共通した空気感があり、私は多分、その家族とは何か?人との繋がりの大切さとは?とストレートに問われているような感じが苦手だった。
いつも親から「家族、繋がり」と言われている為、もうお腹いっぱい、これ以上考えたくないのだ。

なので「万引き家族」も、タイトルや予告から既にその「重さ」を感じ、避けていた。

しかし遅ればせながら今頃になって「万引き家族」を観た。
なぜ気が向いたのかは自分でも分からないが、それでも期待はしていなかった。
一応話題だから一度は観ておこうぐらいの気持ちだった。

だが結果……

号泣した。
ほんの少しでも設定やセリフ、ストーリー展開が違えば、いつも通り「重い疲れる映画」という感想になったかもしれないが、この「万引き家族」は私の心の小さな隙間にフィットした。

安藤サクラさんの演技が凄い。
皆が絶賛しているのが分かる。

演技らしくない演技。

血の繋がらない子へかける思い、母親になれない思い、全てが表情に現れていた。

「未来のミライ」と同じ家族の物語。
だけど真逆の印象の映画。

アカデミー賞受賞とはならなかったが、私の中ではずっと心に残る映画となった。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事