未来のミライ





アニメ映画「未来のミライ」を観た。

私が最も好きなアニメ映画は、「おおかみこどもの雨と雪」(→過去記事

それ以外の「バケモノの子」や「時をかける少女」なども観終わった後心に残る映画で、私はこの監督の映画が好きだ。

なので同じ細田守監督の作品という事もあり、この「未来のミライ」もずっと観たいと思っていたし、期待もしていた。

きっと心が温かくなる映画に違いない。






……その期待が悪かったのだろうか。

全く良くなかった。

他の方のレビューを読むと、主役のくんちゃんの声優が良くないと批判されている人が多い。

しかし私は全く違和感がなかった。
むしろ、若い女優が主役の声をやっていると知っていたのに、あまりにその演技が上手いので、「あれ?主役はプロの声優だったかな?」と調べ直したほど。

他の声も皆演技が上手く、とてもその世界に馴染んでいたように思う。

それなのに。







ストーリーが残念。
起承転結の転が無い感じ。結も呆気なさ過ぎる。


そんな期待外れの映画だったが、やはり他の作品と共通していると思うのは、子供の描写が上手いところ。

見た目そのものだけでなく、動きや仕草、声などで、子供の無邪気さや可愛らしさを表現するのが上手過ぎる。

なので余計にストーリーが単調な点が勿体ないような気がした。


さらに……

この映画は「子育てに奮闘するパパとママの物語」的な側面が強いように思う。
私の好きな「おおかみこどもの雨と雪」も、まさに子育てに奮闘する母親のストーリーなのだが、それとは全く印象が違う。

「未来のミライ」は幸せ家族を覗き見ているような印象で、どこか生ぬるい。

私はこの映画を観ながら、「この映画って、子育てしている親なら感動するのかもなぁ」とぼんやり思った。

そうそう、子供が小さい時ってあんな感じだよね。
私達もあんな苦労したよね。

みたいな。

それ以外の人が感動するポイントが分からなかった。

ただ私の心が捻くれているのかもしれないけど。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事