他人は悪で自分だけが正義





「人付き合いが苦手」なんて、自分を擁護した表現であり、結局は自分のキャパが狭いだけではないか……最近自分の事をそう思う。

自分と少しでも違うものを受け入れられない。
他人の意見を聞く余裕がない。

自分に自信がないと言いながらも、絶対に他人を内側に入れないその強情さは、結局は自分が正義だと思っている証拠ではないのだろうか。

他人は悪で自分だけが正義。

そんな頭の固い考え方に、年々拍車がかかっているような気がする。


引きこもり生活が長い。
最近は特に自分が引きこもりだという事を実感するようになった。

在宅で仕事をするようになってからはパート先に行く日もかなり減り、それ以外の外出は親の家に行くだけだ。

それも2~3時間で済む事が多く、家に戻り一人過ごす。







すると頭の中で私一人の会話が始まる。
義母や実母に言えなかった本音を頭の中でぶつけるのだ。
時にはその相手がパート先の人や近所の人になる事もある。

頭の中の私は雄弁で、どんな言葉もスルスルと口から飛び出す。そして相手が返す言葉をイメージし、さらにそれに言い返す。

そんな空想をしているとスッキリするだろうと思うかもしれない。
だが現実は違う。
スッキリするどころか、心はさらに泥沼になる。心に重石が入ったかのように息苦しくなる。

頭の中で自分の不満を自覚する事により、さらにストレスがたまるように思う。

そしてそんな日々が続く事で、どんどん自分の視野が狭くなる。
関わるのは自分の中の自分だけ。
他人との関わり方を忘れていく。

なので時々現実の世界に戻り、人と関わる瞬間があると、私の心はサッとシャッターが閉まる。

自分とは考え方が違う人。
自分とは性格が合わない人。

私にはそんな人を受け入れるキャパが無い。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事