義母の甘い愛





義母の歯医者への通院に付き添った。

義母はまだまだ歯があるのだが、歯茎が痩せてきているらしく日常の手入れを指導された様子。

「嫌ね、歳をとると」

義母はそう言いながら、「息子にはしっかり歯を磨くように言ってあげて下さいよ」と私を見た。

いい歳をした息子でも、義母にとってはいつまで経っても子供なのだろう。
だが義母は一度言い始めるとクドイ。

「朝は歯を磨いているの?」
「甘い物を食べた後は磨くようにしなさいよ」

しばらくそんな話が延々と続く。

「はいはい、言っておきますから」

と呆れ気味に答えるが、「あなたも同じよ、ころりさん」と、その矛先が私の方に向き、歯磨き指導がエンドレスに始まる。

これが老人特有のクドさなのか。







途中から聞き流し、ぼんやりと義母の声を聞いていたら、ようやく義母の話題が変わった。

「そういえばこの前渡したチョコ、息子は何て言ってた?」

先日、「息子に渡して」と義母からチョコを渡された。(→義母の女子力

何と聞かれても、夫は「あ、そう」と言い受け取っただけで、その後食べたのかどうかも私は知らない。

だが義母に私は言った。

「喜んでいましたよ。美味しいって言っていました」

すると義母は嬉しそうに、

「でしょう?息子の好みは私は分かっているから。子供の頃からあぁいうチョコが好きなのよ」と自慢げだ。

さっきまで息子の歯磨きの心配をしていたというのに、今は息子への甘いチョコ自慢。

なんだか矛盾している気がして私は苦笑した。


「お義兄さんにもチョコを渡したのですか?」

気になっていた事をさり気なく聞いた。
私の夫だけに依存しないで欲しい。義兄にも目を向けて欲しかった。だが義母は、

「あの子は滅多に顔を出さないから、知らないわ」と言い、急に表情が強張り静かになった。

なんだか前途多難な気がした。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事