気にされない気楽さ





久しぶりにパートに出勤した。

以前は私の指定席があったが、すっかりよそ者の私にはデスクが無い。

「今日はどこに座ればいいですか?」

出勤後、まずその確認から始まる。


「あ、坂口さんの机を使って下さい」

そう言われ、その日は坂口さんのデスクに座る事になった。


坂口さんとは1日5時間程度勤務しているパート主婦だ。

しかし平日は毎日出勤しているはず。デスクが空いているなんて、もしかして退職した?

最初はそう思ったが、デスクの上を見ると予定が記入された卓上カレンダーや筆記用具など、彼女の物と思われる事務用品がそのまま残っている。

偶々休んでいるのかもしれない。


そして休憩時間、パートの主婦3人と休憩室で一緒になり、何か会話しなくてはと思った私は言った。

「坂口さん、今日は欠勤されているんですね」

すると一人が言った。

「今日だけじゃないわ。あの人、三週間近く休みをとってるのよ」

「え?どこか悪いのですか?」

咄嗟に私は病気で休んでいるのかと思った。







するとその場にいた3人の主婦は顔を見合わせ、

「ね?」
「だね」

と何やら目配せをしている。

意味が分からず私が固まっていると、

「あの人ね、子供の受験に必死なの。子供の受験が終わるまで大変だからって休みを取ったのよ」と、話し始めた。

なるほど。
受験の子を持つ親はそんな気苦労まであるのか。私には理解出来ないが、最近の親はそれが普通なのかもしれない。

そう思いながらその話を聞いていたが、どうやらそうでもない様子。

「よくやるよね」
「過保護もいいとこ」
「私も子供が受験だけど仕事してるわよ」

と、3人の主婦は口々に言い始めた。

確かこの3人も坂口さんと同年代の子がいたはずだ。

彼女達の嫌味を含んだ口調を聞いていて、子あり主婦の大変さを垣間見た気がした。

子なし主婦は疎外感に苦しむ。

だが子あり主婦のこのメラメラと伝わる対抗意識に圧倒された。
子あり主婦が群れている姿を見て羨ましく思う事もあるが、こんな様子を見ると羨ましさも半減する。

私はただ黙って彼女達の話を聞いた。
もう3人とも私の顔など見ていなかった。

それでいい。
子なし主婦は孤独だ。だけど誰にも気にされない気楽さがある。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事