愛犬がいなくなったら





「愛犬が最近亡くなりました」

そんなコメントを複数の人から頂いた。

多分このブログを読んで下さっている方々は、私と同年代の方が多い。

又、環境も似ている方が多いらしく、子なし、友なし、引きこもり……そして唯一の癒しが愛犬という点が、共通している。

子供が出来ずに犬を飼い始める人は多い。
そしてそろそろその犬が老犬となる時期だ。

「まだショックから立ち直れずにいます」

そんなコメントを読むとこちらの胸も苦しくなる。

分かるよ。
辛いよね。
きっと私も同じ。

そんな言葉をかけたくなる。

それでも取り乱す事なく、日常生活を送れている事を尊敬する。私に出来るだろうか……。







私は今から夫に宣言している。

「愛犬がいなくなったら、私はきっと鬱に戻るわ」

そんな宣言はやめてくれと苦笑されるが、私は本気でそんな気がしている。


だがまた別の人のコメントで、愛犬を亡くした後、夫と二人きりの生活が辛いと書かれていた。

そうか……そこまで考えていなかった。

愛犬を亡くすという恐怖と悲しみで頭がいっぱいになり、その後の生活を想像した事も無かったが、言われてみれば夫と二人きりの生活が待っている。

ペットと暮らした人なら分かると思うが、ペットは人の心を癒し、人間関係さえも良好に変えてくれる。

喧嘩した時、気まずい時、ペットが仲を取り持ってくれる。

それが無い人対人だけの生活なんて……どうなるのだろう。
犬がいる生活が当たり前になっているので思い出せない。

間に入るクッションの存在がいなくなる事により、私と夫の距離感をどう保てばいいのか分からない。

どうか少しでも長く愛犬がいてくれますように。

私はそっと愛犬の背中を撫でた。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事