ヤクルトレディの断り方……その後





少し前に書いた、近所の主婦にヤクルト購入を誘われた件。(▶ヤクルトレディの断り方

あれからしばらくして、近所の主婦が来た。
先日のヤクルト主婦だ。

「ころりさん、今ヤクルトの販売に来ているんだけど、購入しませんか?」

そう言うヤクルト主婦の背後を見ると、他にも近所の主婦2人と、ヤクルトレディが立っている。

4人で来るなんてやめて欲しい。圧が凄過ぎる。

しかし私は勇気を出して言った。

「すみません、夫に相談したのですが、節約の為に購入はやめておくように言われてしまって……」

準備していた理由だった。

前回の事がある為、「ヤクルトが苦手」という言い訳は使えない。

しかしただ単に、「夫がダメだと言う」だけではダメだ。
絶対に「どうして?ご主人は何がダメだって言ってるの?」と追及される。ヤクルト主婦はそんなタイプの主婦だと分かっていた。

ここはやはり「夫」と「経済的」な理由のダブル使いで、相手にこれ以上何も言わせないようにしたかった。

案の定、ヤクルト主婦はあっさり引いた。

「そうですか、残念ですね」

良かった、これで免れる。

と思っていたら帰り際にヤクルト主婦が付け加えた。






「ころりさんは買いたいでしょう?」

一瞬言葉に詰まった。ここは何と言うべきか。

彼女達が喜んで購入し勧めに来ているものを、「私は買いたくない」なんてとても言えない。

「そうですねー、お金があれば」と私は言い、少しおどけたように笑って見せた。

するとヤクルト主婦、

「そんな大した金額じゃないんだけど」と言い、振り返り二人の主婦に「ね?」と視線を送った。

言われた方の主婦は、「そうねぇ……1本100円もしないわよね」と言い3人で苦笑した。

私はただ黙るしかなかった。


どうしてこれほど近所付き合いは難しいのだろう。
どうしてこんなに女性付き合いが下手なのだろう。

私は永遠に慣れそうもない。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事