老後の人間関係





「デイサービスに行ってきた」

そう聞いた私は最初、介護員として働きに行ったのかと思った。

「違うわよ。私が介護される側」

電話の向こうでそう言いながら笑う叔母の声を聞き、「嘘でしょ」と驚いた。

私の叔母は70代だがまだまだ若くて元気だ。

つい先日までは介護員として働いていた叔母なのだ。
それがまさか利用者になるなんて。

咄嗟に私は、家族に疎まれているのだろうか……と思った。叔母は悪い人間ではないが、少し面倒臭い面がある。

正直なところ、私もあの叔母と同居していたら、きっとどこかに行って欲しいと思うだろう。

案の定話を聞いていると、娘夫婦にデイサービスに行く事を勧められたらしい。
少し前まで働いていたパートは雇用期間満了となり、再雇用はなかった為にしばらく家にいたらしいが、叔母の方もずっと家にいるのは娘に気を遣うと言う。

しかし……。








どう考えてもあの足腰も元気で頭の回転の速い叔母が、デイサービスに通う姿が想像出来ない。

この時も、「ころり、スカイプで話そうよ」と言ってくるような叔母なのだ。

同年代の老人達と話が合うのだろうか。

「デイってどんな雰囲気なの?」

なぜか恐る恐るという感じで私は聞いた。


「そうねぇ……女の井戸端会議ね」と叔母。

叔母は夫婦でデイサービスに通っているが、ほとんどの利用者は未亡人の女性だと言う。
70代が最も多く皆口だけは元気。
なので若い頃と変わらず、派閥とまではいかずとも仲良しグループが出来ているらしく、そのグループで同じテーブルに座る。もし仲の良い人がいなければ余った場所に座らされる。

「仲良しの人が出来ないとデイサービスは行きづらいでしょうね」と叔母が言った。

私は聞いていてゾッとした。そんな年齢になってまで、そんな事を続けなければならないのか。

死ぬまで人間関係に終わりはないと思うとウンザリした。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事