老人がスマホを持つという事





先日の言い訳。(→嘘と罪悪感

「最近スマホの充電がすぐ切れてしまって……」

次々と嘘に嘘を重ねる。
わざわざ言わなくてもいい事まで、義母を目の前にするとなぜか必死に自己弁護している自分がいた。

義母はそんな事はどうでもいいのか、興味なさげに聞いていたが、ふと思いついたように言い始めた。

「私もスマホを買おうかしら」

えぇ⁉

思わぬ方向に話が飛んでしまい、また嫌な予感がした。咄嗟に、「面倒な事になりそう」と思った。

義母はガラケーを使用している。
それ程多く利用する事はなく、家族や知人とメールや電話をする程度。もしスマホを所有してもネットなどを利用するとは思えない。

私は言った。

「ガラケーの方が使い方が簡単でいいですよ」

だが義母は

「ラインって言うの?あれは便利だって皆から聞いた事あるわ」








どうやら義母と同年代の知人達の中には、スマホを使いこなしている人がいるらしい。

さらに義母は、「それに通話料が無料だって言うじゃない?ころりさんとどれだけ長話しても気が楽だしね」と言いフフフッと笑った。


……あぁ、面倒臭い。
どうせスマホなど持ってしまえば、使い方が分からないと言い四六時中、私に連絡があるに違いない。

娘がいるのに。
どうして実の娘にもっと頼らないのだろう?

こういう細かい事は、実娘と相談したり頼ったりする人の方が多いのではないか。

ついそんな風に考えてしまったが、自分も実母を遠ざけようとしている事を思い出した。

人の事は言えない。実の親子だからと言って誰もが仲良しとは限らない。

「スマホは月額料が高くなりますし、勿体ないですよ」

私はそう言い、逃げるように義父母の家を出た。

老人が新しい事に興味を持ち、若々しくいるのは良い事だろう。
だがそれは精神的に自立出来ている老人に限る。

結局子を巻き込んでしまうのなら、いっそ何もかも興味を無くした大人しい老人の方がずっといい。







***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***




関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事