電話の電源を切った





ダメだダメだ。

まるで泥濘にハマったかのように、抜け出せずどんどんと落ちていく。

気分が浮上出来ない。
吐き気、手の震え、胸のつかえが取れず、心にドーンと重しがある。

もう何を悩んでいるのかさえ分からない。
自分は何の為に存在しているのか……そんな事ばかり一日中考えてしまう。

昨日は結局義母に圧され、義父母の家に行った。
思っていた通り大した用ではない。

それでも義母は私の顔を見て喜び、満足している様子だった。

これが親孝行、子供の義務、嫁の義務。

そう自分に言い聞かせるが、日々私の心は沈んでいく。


誰の声も聞きたくない、会いたくない。
そんな気持ちでいっぱいになり、とうとう固定電話の電源を抜いた。スマホの電源も切った。









その瞬間の安堵感。
電話を怖がらなくていい……それがこれ程まで心を落ち着かせるのか。

電話なんてメールなんて無くなればいいのに。

だがこの安堵感はいつまでも続かない。
きっと実母か義母から今日も電話があり、「なぜ繋がらないの⁉」と騒いでいるだろう。また明日になれば怒られるだけ。

あぁ、どうすればこの気分から解放されるのか。

私のような引きこもりの主婦は多いと聞く。
友人もおらず誰とも会話せず生きている人は私だけでないはず。

そんな人達はどうやってストレス解消しているのだろうか。
日々変化のある毎日を過ごしていれば、嫌な事があっても次々と別の事に流される。

しかし今の私のように親とだけ関わりそれ以外の変化が無い毎日を過ごすと、そればかり考えてしまい切り替えが出来ない。

夕方になり、私はそっと電話の電源を入れた。
今も怖くて心が落ち着かない。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事