友人が言っていた





昨夜は全く眠れなかった。

眠れない事は慣れている。いつもの事。
だが昨夜はただ眠れないだけでなく、モヤモヤとした感情に支配され、横になっていられないぐらい落ち着かず、この気持ちをどう解消すればいいのか分からなかった。

原因は実母。
これもいつのも事だ、聞き流そう、そう自分に言い聞かせるが上手くいかない。

母から電話があり、言われた。

「最近うちに来る事がかなり減ったわね」

確かにそうだ。義父母と関わる事が増えてから、実家に行く事が減った。
だが義父母の介護を理由にしているのは言い訳で、本音を言えば実家に行きたくないだけだった。

それでも実母からは頻繁に電話があり、会話しているのだからそれで十分でしょう……そんな思いがあった。母にもそう納得して欲しかった。

だが母も母の周囲の人もそれで納得していなかったようだ。母は子が義父母のせいで実家に来る事が減ったと友人に話したらしく、それを聞いた友人が憤慨していたらしい。

「ころりさん、夫の親と自分の親、どちらが大切なのよ⁉」と。

「友人がそう言ってたわよ」と、母が私に言うのだ。







私は咄嗟に言葉を返せなかった。
言いたくても言えなかったのではなく、自分が悪いと反省した訳でもない。

猛烈にモヤモヤした。だが頭が回らなかった。腹が立ったが、何にどう腹が立ってるのか、その瞬間は自分でも分からなかった。

母と話しているといつもこうなる。母の会話の勢いに圧倒され、私の思考回路は停止する。そして嫌なモヤモヤした気分だけが残る。

今回も同じで私はただ黙って母の話を聞くだけだった。

電話を切った後、モヤモヤは膨らむばかり。自分一人で落ち着けば落ち着く程、その怒りが膨らむ。


友人が言っていたというのは本当だろう。
だがその「友人」の言葉を借りて、母は結局自分が言いたい事を私にぶつける。

それなら「友人が」と言い訳せず、自分がそう望むと言ってくれた方がずっといい。

素直に「もっと会いに来て欲しい」と頼むなら理解出来るし申し訳ない気持ちもあるが、「なぜ来ないの⁉」と怒りの感情で言われても全く心が動かない。

心は遠ざかるばかり。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事