ぬか喜び





ある日夫が、夕食時に言った。

「また一人辞めるらしい」

夫の勤める会社の業績は下がる一方らしく、ここ数年で人がどんどん減っている。
最近はいよいよ危機感があり、夫の給料も少し前に減額された。

周囲の人が辞めていくのに、夫は焦らないのか?
そう思ったが私が口を出せる事ではない……そう思い黙っていると、まるで私の心を見透かしたように夫が言った。

「そろそろ転職しようかな」

「え?そうなの?」

思わず私の声のトーンが上がる。

何も言わず我慢していたが、本当は私もそれを望んでいた。今の職場がダメなら転職して欲しい。少しでもいいから収入が上がって欲しい。

私が働く事を夫が反対している今、これ以上私が収入を増やす事は出来ない。ならば夫に期待するしかない。

「本気なの?いつ頃?転職先のアテはあるの?」

今まで我慢していた思いが溢れ出し、私はブレーキが利かず矢継ぎ早に聞いた。

それでも夫は、「本気だよ」「大丈夫、何とかなるから」と余裕の笑みで返してくれた。







私は嬉しくなった。
久々の見通しの明るい良い話。

夫に「大丈夫」と言われる事が、これ程私の心を軽くするのか。

私は機嫌よく風呂に入り、心地よく眠りについた。

だがその翌日、撃沈した。

私はまた夫に急かしてしまったのだ。

「ねぇ、それで?転職の話だけど」

どうなるのか気になって仕方がなかった。夫の気が変わってしまうのが怖かったのかもしれない。

すると案の定、夫は言った。

「やっぱり自信がないよ。現状維持でいい」


……一日で?もう気が変わったの?というより、昨日も本気だったのかどうか疑わしい。

一度喜んでしまった分、私の落ち込みは激しかった。
やはり今の暮らしを変える事は出来ない。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事