上司からの呼び出し





相変わらず、義母は私に仕事を辞めろと言う。

「お金がないので……少しは働かないと……」

その都度そんな風に言い訳をしているが、この言い方が難しい。

言い方を間違えると、「あなたの息子の稼ぎが悪いので、私が働かなきゃいけないのよ!」と嫌味に受け取られかねない。

事実なんだけど。


「週に2日なんて、中途半端に行っても職場にご迷惑なだけよ」

義母はそう言い、先日も私が出勤日なので無理だと言うのに納得せず、病院に連れて行って欲しいと言われた。

「親の体と仕事、どっちが大切なの⁉」

そんな風に興奮気味に言われると、心が折れてしまい、黙って従う方が楽だと流されてしまう。


このままでは今の職場にいられない。
いくら何でも身勝手過ぎるだろう。居心地の悪さが増すばかりだ。

今週辞めると伝えようか、来月こそ……と、迷いつつ何とか切れかかった糸に縋っていたが、ある日上司に呼び出された。

ついに来たか。






欠勤を注意されるか、又は退職を促されるか。覚悟した。

迷いがありいつまで経っても自分から退職を言い出せなかった。いっそあちらから言ってもらった方が諦めがつく。


「毎日忙しいみたいですね」

上司は温厚な口調で話し始めた。

すかさず私は謝罪した。

「いつも勝手ばかりで申し訳ありません」

「いやいや」

私は胸の鼓動が早くなるのを抑えられなかったが、上司はそのまま笑みを絶やさず、穏やかに言った。

「ころりさん、在宅で仕事をやってみる気はありませんか?」

予想外の言葉に一瞬固まった。


――続きます。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事