断れない女の生き方。嫌われるのが怖い





今日の夜、地域の行事がある。
それもこの寒い中、外で立ちっぱなし。何時間あるのだろう。

昨夜も喉の痛みや胸の痛み、息苦しさでほとんど眠れなかった。
熱は微熱程度だが、1日で風邪が治る訳もなく、寒気がする。
細々と妊活・・タイミングをとっているので、風邪薬など服用出来ない。

今日の行事、普通なら断るのだろうか。
夫も心配して、仕事に行く前に何度も私に言った。
「無理する事ないから。それより体大事にしよう。電話1本で断れば済む話なんだから。分かった?」と念を押された。

私は断るのが苦手だ。

「行くのが嫌で嘘ついてるって思われるかも」
「自分自身、役目は果たしていると思いたい」

そんなくだらない考えが頭をぐるぐる回り、自分自身を追い詰める。人にどう思われるのか、常に気になる性格なのだ。

夫は、「たとえサボッたと思われても、それはそれでいいじゃん」と、私の性格を分かっているので先回りしてそう言っていたが、
なかなか変われない。







私は何に関してもそうだ。
私は誠意をつくしていますよね?
私は間違った事はしていませんよね?
そんな風に周囲の目を伺いながら、嫌われないように生きてきた。

なのに、そんな私を嫌う人もいた。ある職場で、「いい人ぶってる、本心が分からない」とハッキリ言われた事がある。
とても傷ついたし、その人もかなりアクの強い性格の人だったが、何年も過ぎ今にして思うと、私も悪かったのかな、と本当に思う。

だからといって、人との接し方をどう改善すればいいのか分からない。
どうしても、職場や近所、初対面の人とも、優しく真面目に接し、「間違っていない私」を演じてしまう。

意識して自己主張を強くすればいいのか?
悪口や噂話をすればいいのか?
そんなものではないだろう。

結局は、私は他人に心を開けないのだと思う。
開くまでには時間がかかり、それまでは相手の機嫌を伺うばかり。
どうすればいいのだろう。

今日の行事、多分参加してしまうと思う。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり