タイムスリップした家族





何年かぶりに父と母、そして私の3人で会った。

「一緒に食事でもしようよ」

入院していた父が少し前に退院し、その祝いに――と母から連絡があった。

しかし理解しがたい。
仮にも離婚した親同士がなぜそこまで関わろうとするのか?

母が誰にでも過干渉なのは分かっている。
父も兄も、母のそれが嫌で離れていった。

なのにまたそれを繰り返そうというのか?

気弱な父の事だ。
強く断れず母の押しに負けてしまったのだろう。

今の母はとにかく父の世話をしたいらしい。
私と話す時には「体調が悪い」だの、「早く死にたい」だのと愚痴ばかりで、全身で「助けて」とアピールするくせに、いそいそと父の世話をしている母を見ると、どれが本当の母なのかと思う。




約束の日、実家に帰るとそこに父が座っていて不思議な感じがした。

まるでタイムスリップしたようだ。

食事の間中、ずっと母が一人喋っていた。

「健康が第一よ。皆で助け合わなきゃね」

そう言って嬉しそうなのは母だけで、私も父も黙々と食事した。

口数の少ない父が私に聞いたのは一つだけ。

「あちらのご両親はお元気か?」

私が「元気だけど、色々と大変よ」と答えると、父は「無理するなよ」と言った。

それを聞いた母がここぞとばかり、

「あちらのお義母さんはころりに頼り過ぎよ!もっと自立すべきだわ」と興奮した口調で言った。

自立……この中で一体誰が本当に自立出来ているのだろう。
誰もいない。そんな気がした。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事