皮肉な夫婦関係





今年、大きく夫の給料が減額される事になり、この先どうなるのかと不安になった。
給料減額


夫も精神的にピリピリした状態が続き、家の中は常に暗い二人がいるという状態。

元々私も夫も物静かなタイプの為、以前から会話が無い事も多かった。
だが今の会話の無さは以前とはどこか違う。

心の距離がある静けさ……そんな感じ。

夕食時など互いに黙々と食事をしていると気まずい。
時には義母の愚痴など聞いて欲しい日もあるが、夫にはそれを受け入れる余裕が無い事が見て取れる。

愚痴を言ってさらにこの関係がギクシャクするぐらいなら我慢している方がマシ……そう思う。だがずっと我慢出来るのか、煮詰まってしまわないか自分でも不安。



問題の家計の方は、住宅ローンを借り換える事で、毎月の返済額を減額する事が出来た。
完済までが遠くなり総支払額も増えてしまったが、細々とでも今が楽に生きられるならその方がいい――最近特にそう思うようになった。

これで夫との関係が以前のようになれればいいけど。

鬱病の時には、私にとって夫は唯一の味方で頼れる存在だった。
自分自身の体調は辛いが、夫婦は一心同体とも思える信頼関係があった。

なのに鬱病が良くなるとともに気持ちが離れるなんて皮肉なものだ。

私が嫌だ嫌だと思いながらも義父母の家に通っているのは、心のどこかで夫に認めて欲しいからのような気がする。
多くは求めない。また夫とくだらない事で笑い合いたいだけなのに。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事