答えは決まっている





義母がデパ地下に行きたいと言うので付き添った。

明日来客があるらしく、茶菓子を買いたいと言う。

「良ければ私が適当にスーパーで買ってきますよ?」

そう言ってみたが、デパ地下の菓子でないとダメらしい。

「どの商品と言って頂ければ、私が一人で買ってきますけど」

とも言ってみたが、自分が見て決めたいらしい。


足の悪い義母を連れて、人混みを歩くのは大変だ。
ノロリノロリと動きが遅くなる為、周囲に気を遣う。

だがそれを本人に言う訳にもいかず、結局義母と一緒にデパートに行く事になった。

予想していた通り、デパ地下は女性客で賑わっていた。
午前中に行けばよかったのだが、義母が病院に行った帰りに寄りたいと言う為、結局デパートに着いたのは夕方近くになっていた。

活気のある店内を義母の手を取りゆっくり歩く。

義母は和菓子売り場の前で言った。

「やっぱりここの饅頭がいいかしらね」

「そうですね」

適当に相槌を打つ。


「でも明日は娘さんも一緒に来るらしいわ。若い人なら洋菓子の方がいいのかしらね?ころりさんならどう?」

義母にそう聞かれ、私は少し考えてから言った。

「私は焼き菓子が好きなので……パウンドケーキとかマドレーヌとか。日持ちするので翌日でも美味しいですしね」




すると義母は

「嫌だわ!そんなの油っぽい!バターだらけでしょ?」と顔をしかめ、「やっぱり和菓子でいいわ!」と言った。

……それなら最初から聞かないで欲しい。


その後好きな和菓子を一人で決めるのかと思えば、また義母が私に聞く。

「この饅頭がいいかしら?それともこの羊羹もどうかしらねぇ?」

「はぁ……」

私が気のない返事をすると、義母は

「アドバイスして下さいよ!折角一緒に来ているんだから。ころりさんはどちらがいいと思う?」

そう言われて私はどうでもいい気持ちで答えた。

「では羊羹ですかね」

「ふーん、そう。そうね、いいかもね」


その後、結局義母が購入したのは饅頭だった。

義母の答えは質問する前から決まっている。なのになぜ私に聞くのか分からない。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事