家族ごっこ






――前回の続き。


付き添いに行ってる?

胸がザワザワした。

私は返事をせず黙っていたが、母は気にせず話を続けた。

父の同居相手が亡くなったと知り、気になったので父に電話をした事。
一度会って話をしようと母が言うと、明後日から入院する事を知らされた事。
そして今、父の付き添いの為に病院に行っている事。

私はその話を聞きながら、また母の押し付けが始まった……と思った。

「付き添いって、お父さんに頼まれたの?」

「違うけど、あの人、他に頼れる人がいないでしょ?仕方ないじゃない」

やはり思った通り。
父が母に付き添いなど頼むはずがない。
もし私が入院する事があったとしても、母にだけは会いに来て欲しくないと思うから。



「頼まれてもいないんだから、放っておけばいいのに。嫌かもしれないでしょ?」

私は父の気持ちを代弁するつもりで言った。

だが母には通じず、

「あなたはまだ若いから老人や病気の人の心細さが分からないのよ」と言う。

そういう問題じゃないのに。
母には「一線を引く」という事が出来ない。

父の相手の女性がいなくなったと知り、また平気でズカズカと父の生活に入っていく。
それをハッキリと断れない父。

私達の歪んだ関係は何年経っても変わらない。
母を中心として皆が振り回される。

母は言った。

「それで、ころりもお見舞いに一度来なさいよ。お父さん喜ぶから」

私はとてもそんな気になれない。
父と会うのなら、母の目の届かない場所で二人で会う。

今更家族ごっこなんて無理。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事