太陽になりたい





昨夜は「のどじまんTHEワールド!」を見た。

あまり歌番組を見ない私だが、この番組だけは毎回楽しみにしている。

昨夜も期待通り楽しませてもらったが、見終わった後も一度入った音楽へのスイッチがなかなか切れず、何か感動する曲が聴けないかと深夜にYouTubeを検索していた。

色々検索しているうちに、下のおすすめ動画が目についた。

そこには槇原敬之「僕が一番欲しかったもの」があった。

懐かしい……。

一時よく聴いた曲だ。


私はその動画を再生した。

歌詞の一つ一つが温かい。一言一言が泣ける。
何だか昔聴いていた頃より、今の方がずっと心に沁みた。

深夜という時間帯のせいか、歳を取ったせいか。

真っ直ぐで美しいその歌詞とメロディが、私の醜さや愚かさを自覚させる。



私はパソコンを閉じ、ずっと手を付けていなかった物置の中を探した。
そこには昔買ったCDが埃をかぶってあるはずだ。

埃まみれのCDの束の中にあったのが「太陽」。


私はこの「太陽」を初めて聴いた時、衝撃を受けた。
感動ではなく、衝撃だった。とても心が痛かったのを思い出す。
気付いたら涙がこぼれていた。

私は深夜のリビングで久々にこの曲を聴いた。

やはり色褪せない。
それどころか以前にも増して痛い程心に響くではないか。


何も求めない。
そんな生き方が出来ればどれ程楽で幸せを感じられるだろう。

何度も何度もリピートして聴いているうちに、白々と夜が明けてきた。

やはり夜の方が落ち着く。
窓から差し込む光が眩しすぎて、早くも憂鬱な気分が顔を出した。

私は太陽になれそうもない。


太陽/槇原敬之[CD]





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事