悲鳴再び





相変わらず寝つきが悪い。
眠れたとしても眠りが浅く、1~2時間程ですぐに目が覚める。

日中も頭痛や立ち眩みがあるものの、やはり深く眠れない。

仕方がない、心療内科に行くべきか。
一度行ってしまうと癖になり、常に薬に頼ってしまいそうなので出来るだけ行きたくなかったが、食事が苦痛な事も気になった為、病院に行く事にした。

診察室に入ると医師は

「お久しぶりですね、最近調子はどうですか?」といつもの穏やかな口調で聞いてきた。

私は眠れない事や食欲が無い事を話し、まずは眠りたいので安定剤を処方して欲しいと伝えた。

医師は黙ってメモを取っていたが、私の伝えた状況にはコメントせず、

「分かりました。ではお薬を処方しますね」と言った。

あれ?それだけ?
もっと何か細かく質問されると思ったのだが……。

「そういうのはよくある事ですよ。お薬とうまく付き合っていけば大丈夫です」とだけ医師は言い、私の希望した安定剤を処方された。



少し拍子抜けしたが、以前は医師との会話で気を遣う事が多かった為、こんな風に簡単に診察が済むのならこの方がずっといい。

早速その夜、その薬を服用した。

さすがに効果があり、気付かぬうちに眠ってしまっていた。

だが深夜、夫に揺り起こされて目が覚めた。

「どうした⁉大丈夫か⁉」

起こされた私は救われた気分がした。夢の中で救いを求めていたからだ。
酷い悪夢を見ていた為、目が覚めたその時もまだ胸の鼓動が収まらなかった。背中には汗が張り付いており、手を力いっぱい握っていたのか、手の平に爪の跡がついていた。

「すごい叫び声でびっくりしたよ」と夫。

そういえば夢の中で何度か叫んだ。本当に声が出ていたのか。

またこの症状が始まったのか……と、憂鬱というより怖くなった。
以前にもこの症状で悩まされていた。

夜中の悲鳴

いつ頃だったのだろう?と遡り調べてみると、そう昔ではなかった。
随分長い間落ち着いていたと思っていたのに、まだ半年も経っていない。

安定剤が合わないのだろうか。
こんな事なら眠れない方がマシかもしれない。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事