図太くなるしかない





義父母の病院付き添いや、先日のような急な給湯器の取り換えが出勤日と重なるとパートを欠勤するしかなく、たった週2日ぐらい皆勤出来るはず――と思っていたのがそうでもなくなった。

欠勤を上司に伝える時には情けない気分になり、この職場に私がいるのは迷惑でしかないような気がしてくる。

だが上司は優しく、「気にしないで家庭優先でいいですから」と言ってくれる。
他のパート達にも毎回謝罪するが、「大変ね。無理しないで介護頑張って」と言ってくれる。

そもそも週2日しか来ないパートなんてアテにされているはずがない。
いてもいなくてもいい存在なのだ。

皆私に良かれと思い優しい言葉をかけてくれているのかもしれないが、一人のパートは少し違う言い方をした。

「もし無理なら辞めるのも仕方ないと思うけど」



実際のところ、皆これを言いたいのではないか?
辞めればいいのにと思われているのでは?
ハッキリ言われないのをいい事にそれに私が甘えてしまっている。

辞めればいいと思われながら続けるなんて苦しい。
だが今の私には他に職場を探す余裕もなく、簡単に欠勤するような人を受け入れてくれるような会社があるとも思えない。

働く事を諦め、自宅と義父母の家、そして実家に行くだけの生活を想像する。
どれ程息苦しいだろう。

今の仕事が楽しいとも息抜きだとも思えない。
だが親達の手前、「仕事があります」と言えるか言えないか、その違いは大きい。

もし「完全にフリー」だと分かれば、どちらの親も今以上に私に依存してくるだろう。
とても受け止められない。

図太い人だと職場の人に思われながら、いつまで続くのか自分でも自信はないが、それ以外に逃げ道が見つからない。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事