今度は私の番





帰宅した夫にその日あった出来事を話した。

夫に送ったLINEはいつまでも既読にならず、帰宅した夫に

「LINE送ったのに」と言うと、気付かなかったらしい。本当に?


私は義母への不満を夫にぶつけた。

朝から電話をかけてくる事、仕事を休めないなら辞めろとまで言われる事、嫁は介護するのが当然だと思われている事……色々あったが、何よりも私はあの口調が嫌だった。

「言い方に棘があるのよ。せめてもう少し謙虚な言い方をしてくれればいいのに」

すると夫は、

「そうかな、僕はそこまで感じた事はないけど」と言う。

あれで?あの口調を本当にキツイとは感じないの?

以前から夫は言う。私が思う程自分の親はきつくもないし、弱い人間だと。
それは何度も話し合ったが、堂々巡り。親に対する感じ方が根本的に違う。

さらに、今回あった事を私が夫に話せば、一言でも「ごめんね」と謝ってくれるかと思っていた。

だが「そうか、ありがとう」とお礼を言ってくれただけ。
まだお礼があっただけ良しとするべきなのか?

その後も私はモヤモヤが晴れず、いつまでも気分が重いと愚痴った。



すると夫は言った。

「そういう思いを今までお義姉さんがしてくれていたんだからね」


……傷ついた。だが事実だとも思った。

私は今まで鬱を理由に、ほとんど義親の介護をしてこなかった。
鬱から回復してからも私は常に精神不安定で、誰かを受け止めるような余裕は無かった。

だが鬱である事を口実にしていなかったか?と聞かれれば反論出来ない。

自分自身の事だけで精一杯だったのは事実だが、親が重いと思い続けてきたのも事実。


義母は私が結婚した当初から「ころりさんに介護して欲しい」と言い続けてきた。
それなのに私は逃げ、その後仕方なく世話をしてくれたのは義姉だ。

義姉は気の強い人だが、それでも義母の相手は楽ではなかっただろう。
私はいざ自分に負担がかかるまで実感出来ていなかった。

だけど……。
今度は私の番ですと自ら手を挙げる勇気はない。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事