NOと言えない嫁





義母からの頼みをすぐ了解しなかった為、電話の向こうで機嫌が悪くなるのが分かった。

しかしこれは私が決める事ではない。
仕事があるのだ。休んでまで行く事なのか。

こんな時ばかり仕事を持ち出すなんて我ながら卑怯。
いつもは嫌で愚痴ばかり言っているのに。

夫に相談しよう。夫の親なのだ。夫が決めればいい。

義母は直接息子には何も言わない。

それは私の夫に対してだけでなく、長男にも同じようだった。娘にさえあまり口出ししないように見える。それなのに嫁には何でも言う。心を開かれて喜ぶべきか悲しむべきか。

そんな義母なので今回の事も直接夫に言って下さいと言っても無駄だ。全くその気がない。そもそも男は働くもの、女は家を守るものという考え方が変わらない。

夫は既に仕事に出た為、私はLINEで連絡を取った。

ところが全く連絡がない。既読にすらならない。

私はイライラした。刻々と時間が過ぎる。義母にはまた後でかけ直すと言ってあるのだ。夫から電話してもらおうと思っていたのに。

そうしているうちに7時を過ぎた。待ちきれない。
そろそろ仕事に行く用意をする必要がある。でもその前に待っているであろう義母に電話をしなくては。



私はハッキリ断る事にした。
買い物に行きたいなら明日一緒に行く、もしくは私が今日の仕事帰りに買って持って行くと言えばいい。

しかし電話で義母の声を聞いたらその決心が揺らいだ。

私が何か言う前に義母は言った。

「まさか息子にわざわざ言ったんじゃないでしょうね?こんな事ぐらいで息子にいちいち言わなくていいですからね。あの子は忙しいのだから」

「言っていません」

本当は連絡が取れないだけだったが、それは言わなかった。

「じゃあ来てくれるわね?困ってるのよ、ころりさん。老人二人じゃ買い物も自由に行けないですからね」

どうしてだろう。
話しているうちに、私はどんどん無口になった。

あなたは身勝手だ、間違っている、私が言い負かしてやるわ!
それぐらいの意気込みがあったはずなのに、あの強い口調を聞いていると圧倒される。

それは実母との関係に通ずるものがある。
私は相手が誰であっても争うという事が出来ないのかもしれない。争うぐらいなら負けた方が楽……。なのに後になってそれがストレスになり愚痴になるのだから救いようのない人間だ。

そして私は義母に反論出来ず言った。

「分かりました。後で行きます」

結局仕事は欠勤する事になった。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり