それはあなたの都合





朝から電話の音で起こされた。

時計を見たらまだ6時過ぎ。

番号を見ると、夫の実家だった。

先日会ったばかり。こんな朝早くなんて、義親のどちらかに何かあったのかもしれないと思い、慌てて受話器を取った。

「ころりさん?おはよう」

のんびりした義母の声。

「お義母さん、どうしたのですか?お義父さんに何か?」

義父は心臓が悪い。
最近調子が悪いと言っていたので、いよいよ緊急事態か?と心配になった。

だが相変わらず義母はのんびり。

「お父さん?隣にいるわよ」

様子を聞いていると二人とも問題なさそうだ。
私はホッとすると同時に、一体こんな朝早くから何の用事なのよ……と呆れた。

「朝早くからごめんね、でも早く電話しないと、もし仕事に行く日だったら間に合わないと思って。お父さんも早く電話しろって言うから」

「はぁ……」

私は次にどんな事を言われるのかドキドキした。



「ころりさん、今日は買い物に連れて行ってくれる?」

「買い物?」

「そうなの。スーパーに食べる物を買いに行きたいって……お父さんが言ってるから」

義母は言葉を発する度に義父のせいにしていたが、本当は自分が行きたいのだろう。それにしても……

私は先日夫の実家に行ったばかり。

その時には何も言わず、どうして今頃、それもこんな早朝に言い出すのか?
頼みたいならせめて会った時に言ってくれればいいのに。

「すみません、私、今日は仕事なんです」

事実だった。辞めたい仕事だが、この時ほど仕事があって良かったと思った事はない。義母の頼みを罪悪感なく堂々と断れる。

すると義母は言った。

「あ、やっぱり!良かったー!だから早く電話したのよ。間に合って良かったわ!ね、お父さん、ころりさん仕事の日だって」

後半は隣にいるであろう義父に話しかけていた。

良かった?間に合った?私は断ったつもりですけど?

だが義母には通じていない。

そして私が再度、仕事だから今日はダメだと伝えると、「パートでしょ?休むと電話一本すれば済むでしょ?」と言う。

「当日にそれは言い辛いので……」と私が言うと、「そんな仕事なら辞めなさい!」と急に声を荒げた。

どうしてこれ程気が強いのか?
介護なんて必要がないように思えた。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事