深夜の捕獲騒ぎ





ぼんやりと暗闇の中で天井を見つめた。

何だろう?

深夜2時。

保安灯の中、私は天井を見上げたまましばらく頭が働かなかった。

しかし徐々に頭がハッキリとし、それが少し動いた瞬間、私は飛び起きた。

蜘蛛‼

しかも手のひらサイズ‼


照明の影と一体化していたので分からなかったが、よく見ればそれがかなり大きな蜘蛛だった。

こんな大きなサイズは今まで見た事がない。

どこから家の中に?窓を開ける事はあるが網戸にしているのに。

昔の人なら見慣れているのであろうが、一応現代人の私には恐怖でしかない。

それも天井に張り付いているのだから、いつ落ちてくるのかとヒヤヒヤし、とても寝ていられない。

しばらく蜘蛛をジッと見つめたまま、私は悩んだ。



夫を起こそうか。
いや、最近は不機嫌な日が続いているので、蜘蛛ごときで起こせばさらに悪化しそう……。

私は意を決して、冷却するタイプの殺虫剤を蜘蛛めがけて吹き付けた。
自由に動ける状態ではとても私には捕獲出来ない。

が、遠くから怯えながら吹き付けた為、逆効果。
蜘蛛は予想外のスピードで天井を這い回った。

ギャーッ‼

思わず声を上げてしまい、夫が飛び起きた。

「ごめん!蜘蛛が……」と言い私が指差すと、やはり夫は「それぐらいで大騒ぎするな」と不機嫌になった。

だが折角目が覚めたのなら捕獲して欲しい……そう頼むと、夫は「仕方ないな」とため息をつきながら、火箸を使って蜘蛛を捕えようとした。

すると……蜘蛛が箪笥の裏に逃亡。

これでは出てくるまで簡単には捕まえられない。

「諦めるしかないね」と、夫は火箸を投げ出し再び寝てしまった。

残された私。とても眠れない。

今こうしてブログを書いている瞬間も、どこにいるのかと怯えながら壁ばかり見つめている。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事