私の居場所がない





今日は朝から夕方まで無心に掃除した。
熱中症になりそうな程、汗だく。

掃除というのはすればする程気になるもので、全く掃除しない時には、大きな埃が床を転がっていても気にならなかった。

この暑さの中、床を拭いていると汗がボタボタと落ちる。
首にタオルを巻き付け、私は掃除する事で何も考えないようにしていた。

暑さと疲れで何も考えられない。
私の頭の中が無駄な悩みでいっぱいなのに対し、目の前の部屋が綺麗になっていく事でストレス解消となっていた。

夕方になりシャワーをあびる。
冷蔵庫から冷たい水を取り出し、洗濯したてのカバーをかけたソファに静かに腰かけた。

静かなリビング。
聞こえるのはエアコンの動作音だけ。



このまま横になりたい。

そう思った瞬間、玄関で音がした。

夫が帰宅したのだ。
いつもならLINEで連絡をくれるのに。

夫はリビングに入ってくるとドサッとソファに座った。夫が部屋に入ってきただけで、熱気が伝わってくる。夫の額から汗が流れ、ワイシャツはベッタリと体に張り付いている。

「洋服、着替えたら?」と言ってみたが、夫は返事をせず、そのままソファに倒れて眠ってしまった。

そこ、掃除したんですけど?カバー、洗濯したばかりなんですけど?

沸々と腹立たしさがこみ上げてきたが夫の不機嫌さを感じ、私は部屋を出た。

私の居場所がないような気がした。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事