給料減額





夫の元気がない。

自分の気持ちの不調ばかりに気を取られ、夫の事を気にする余裕がなかった。

だが気付けば夫も元気がない。

「どうかしたの?」

「別に」

夫は何も話そうとしないが、その様子が何日も続いている事から、何か悩んでいるのは分かった。


自分の事は棚に上げて……だが、元気がない、もしくは機嫌が悪い人と毎日一緒にいるというのは息が詰まる。

私も常にテンションは低いが、夫に愚痴ってばかりなので、私の元気がない理由は夫には十分伝わっている。

だが逆は分からない。
夫は何も私に言おうとしないから。

せめて理由が分かれば。
助けられなくても共感ぐらい出来るのに。


が、夫が遂に私にその理由を話した。

「給料が減った」

「え?」

「残業代と他の手当がカットになったから、今月からかなり給料が減る」

「……減るって、どのくらい?」


金額を聞いて私も言葉が出なかった。
かなりの金額。手取りの五分の一は減る。

どうしよう。暮らしていけるだろうか。
不安でいっぱいになった。

共感ぐらい出来るのに――そう思っていた自分が情けない。
共感や慰めどころか、自分自身が夫以上に不安になっている。

夫が私に話せなかったのも当然だ。
こんな私を予測できただろうから。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり