地域医療連携






「犬は皆放っておいて欲しい」

獣医師にそう言われ、私は言葉が出なかった。
そうなのか。だがこのまま放っておく事は私自身が辛い。耐えられるだろうか。

迷っていると、獣医師は続けて、

「でも私はまだ出来る治療が残されているなら、何でもやりたいですけどね」と言って笑った。

そして

「だって今のまま放っておくのも辛いですから」と、私の心を代弁するかのように言った。


私は検査と治療をお願いする事にした。
愛犬には負担がかかる。治る保証はない。金もかかる。

だが出来る事はしてあげたい。

すると獣医師は

「まずかかりつけ医にこの事を連絡し、承諾を得て下さい」と言った。







え?どうして?
紹介状は貰わずに独断でここに来たのだ。なぜわざわざ連絡せねばならないのか?

そう問うと、基本的に大学病院では個人病院で出来ない検査や治療を行う。その結果、継続した投薬などが必要な場合は、個人病院にそれを任せるとの事。
なのでいずれ個人病院に戻る事になるので、今の状況を伝えておいた方がスムーズだと言うのだ。

困った。
こんな事なら気まずくても、最初からかかりつけ医に紹介状をお願いして来る方がマシだった。

私は頭の中で様々な理由を考えながら、かかりつけの動物病院に電話した。

急な事で……
後で報告しようと思ったのですが……

何を言っても言い訳がましい。
電話越しで相手がどう思ったのか分からなかった。

まさかペットの世界でも人間関係に悩まされるとは。
いつかまたその個人病院に戻るのが憂鬱。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事