犬との暮らしに大切なもの








「申し訳ありませんが、この求人は昨日で締め切られました」

え?嘘でしょ?
だってまだ求人が出てから5日程しか経っていませんよね?
既に誰か採用されたのですか?それとも募集自体を取り下げられたのですか?

私はあれだけ悩み、意気込んで来たものだから簡単に諦めきれず、その担当者を質問攻めにした。

担当者によると、この企業は今回私の希望する職種だけでなく、同時に5種類の職種を募集していた。その全てが昨日取り消されたらしい。
という事は募集自体をやめたのだろうか?
だがその担当者は言った。
「なかなかこういった好条件の募集は少ないので、あなたが希望する職種にも既に30名程の応募がされていました」
だから、多分その中で選ばれると思うという事だった。

そうか……。
しばらく呆然となった。
後悔でいっぱいになった。
もっと早く応募するべきだった。

昔の私ならここで諦めたりしないだろう。今より行動力があった為、多分この状況でも企業に直接問い合わせ、まだ決まっていないのなら面接をお願い出来ませんか?と頼んでみると思う。

しかし今の私にはそこまでの気力はなかった。

2日間この事で頭がいっぱいで考え過ぎていた為、なかなか気分の切り替えが出来ないまま帰宅した。








すると、いつも玄関に走って出迎えてくれる愛犬の姿がなかった。
おかしい……。そう思いながら愛犬の名前を呼びリビングに入って探したがどこにもいない。
いつもならリビングのソファか、自分のベッドに居るのに。

慌てて他の部屋を探すと、いつもは入らない和室の隅に横たわっていた。
下痢と嘔吐の跡があり、その汚物にまみれて倒れていた。

私は頭が真っ白になり、愛犬の名を呼ぶとどうやら意識はある様だったので、そのまま急いで病院に連れて行った。
幸い大きな病気という訳ではなく安心したが、愛犬は昔から胃腸が弱く、時々嘔吐する事があるのだが、今回はいつもよりそれが酷かった。

獣医師が言った。
「犬は敏感ですからね。体を冷やしてしまったか、何かストレスでもこういう事になりがちです」

そう言われてハッとした。
私はこの2日間、仕事をどうすべきかで頭が一杯で、愛犬に目を向けていなかった。
ネット検索で必死になっていた時、愛犬は早く私と一緒に寝たくて私の膝によじ登ろうとしてきた。だがそれが邪魔になって私は「自分のベッドで寝てね」と愛犬を一人ベッドに行かせた。
また、ハローワークに行った朝も、急いでいた為に愛犬に一言も言葉をかけずにバタバタと準備をして出掛けた。いつもなら「行ってくるね」と声をかけていたが、その日は愛犬の顔を見る余裕もなく家を出てしまった。

愛犬の不調は偶然かもしれない。
だが愛犬にストレスを与えてしまったのなら、そんな私にこれ以上仕事をしたいなんて思う資格はないと思う。

仕事の方は、今回はこれだけ悩んで結果は情けない終わり方だったが、これで良かったのかもしれない。

私は鬱の頃より良くなってきている。愛犬以外にも目を向けたい欲が出てきた。
だが愛犬には、これまでもこれからも私しかいないのだから。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事