夫婦のカタチ





テレビを見ていても、周囲の人の話を聞いていても、夫婦別室の人が多いように思う。
寝室を別にするという意味だけでなく、夕食後のプライベートな時間を互いの部屋で過ごすというもの。

昔勤めていた職場にいた男性は徹底していた。

夫婦別室はもちろん、夕食も別。
土日には一緒に食べる事が多く、その多くは外食で、毎週色んな店に行くのが楽しみだと言っていた。

さらに介護も完全に別。
自分の親は自分で介護。

「当然でしょ」とその男性は言った。

女性でそう言う人は多いが、今から20年近くも前にそう言える男性がどれ程いたのだろう。珍しい存在だった。

その男性は自分の親の介護の為に正社員から契約社員に変更し、介護の期間は週3日勤務していた。
親の要介護状態が悪くなってくると、家を出て実家に住み込み、そこから通勤していた。
食事の用意、病院への付き添い、介護施設への送迎、出来る限りの事をされていたように思う。

「凄いですね」

皆本人の前ではそう言っていたが、陰では

「奥さんは全く何もしないのね。夫婦関係悪いんじゃないの?」
「奥さんの尻に敷かれているのよ」

そんな噂をしていた。


だがその男性が妻の話をする時にはいつも幸せそうで、妻がスキルアップの為に40代から大学に通い始めた事を嬉しそうに語っていた。
介護についても妻は完全にノータッチという訳ではなく、「時々出来る時には食事を作ってくれるよ」と男性は笑いながら言い、「もっと手伝ってもらえばいいのに」と余計なお世話を言う同僚女性達の言葉を遮り、「どうして?僕はこれでいいと思っているけど」と堂々としていた。

その頃の私には理解出来なかった。
皆の言う通り、あの男性は強がっているだけで妻に頭が上がらないんだ……そう思った。

だって夫婦で別室なんて変だもの。
夫が働き方を変えてまで介護するなんて変だもの。

その頃の私はそう思っていた。

今なら分かる。
あの夫婦のカタチが。
周囲に流されず、互いを尊重し合う。

今から思えば、あの男性には子供がいなかった。夫婦二人暮らし。今の私と同じだ。

それぞれの夫婦のカタチがある。
自分達のカタチに自信を持てる……そんな夫婦になりたい。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事