まさかの食いつき





私は黒い物体、Gが苦手だ。
この年齢になるまで、まともに戦った事もない。いつも夫任せ。
一人の時には汗だくになりながら逃げる。

何年か前から、駆除用の薬剤は家の中ではなく、屋外に置くようにした。
家の中に置くと、その匂いでGを呼び寄せるような気がするからだ。

だが結果……
屋外に置くと、外のGを圧倒的に呼び寄せる。これは失敗だった。

やはり一般的な方法で――家の中に置く事にしよう。

いつもなら2月から3月頃までには対策を済ませている。
だが今年は寒い日が多かった事もあり、先延ばしにしているうちに5月まで対策せずにきてしまった。
幸いまだ今年はGと対面していない。

早くしなくては。
私は焦ってドラッグストアに行き、置くタイプの薬剤と、殺虫剤、氷殺スプレーなどを買った。
それも殺虫剤と氷殺は各部屋に置く為、何本も必要。
どれだけ無駄遣いなんだ!と夫に怒られるが、これだけは譲れない。

帰宅後、私は早速置くタイプの薬剤を玄関や洗面所の隅に置いた。

すると……

何やら背後でハフハフと荒い息遣いが聞こえる。


振り返ると、愛犬が薬剤に向かって突進してくるではないか。

「ダメ!」

強く叱っても、興奮してしまい私の声など聞こえてはいない。

幸い、薬剤は愛犬が届かない家具の奥に置いてあるので、愛犬が舐めてしまう事はなかったが、そこに薬剤がある限り、愛犬は目の前から離れず、ずっと鼻先を押し付けている。

これはダメだ。
G対策のはずが、愛犬が食いついてどうする。

何年も家の中に薬剤を置くという事をしていなかったので、こうなる事を予想出来なかった。

仕方なく、私は全ての薬剤を、家具の上に置いた。
それで愛犬の興奮は少し治まったが、それでも上を見上げて前足を伸ばしていた。

まだ犬だから上に置けるが、猫ならどうするのだろう?
薬剤を置く事を諦めるしかないのか?
いや……猫ならGを捕獲して持ってくる……なんて事を聞いた事もある。

それはそれで助かるが、想像する絵が恐ろしい。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事