貯金より美容





案の定、エステティシャンを含めた3人はキャッキャッと話に花を咲かせ始めた。
プライベートでも交流しているらしく、昨日はあそこでどうだったとか、完全にお友達といった雰囲気。
年齢もみな同じぐらいの40代に見える。もっと自分とかけ離れた年齢層なら気にならなかったのに。

私は貝になり、ジッと時計の針が進むのを待った。

そしてようやく時間が経ち、エステティシャンが私の顔まで戻ってくる。

「それでは、パックをはずしていきますね」

そう言い手入れを再開しつつ、「きっとこれからもまた続けて通って頂ければ綺麗になりますよ」と、営業トークをされた。

私は、「綺麗になるとは思うのですが、経済的に難しくて」と言った。これが一番断りやすい。経済的余裕が無いのも事実だし。

するとエステティシャンは、「え?でも旦那様がいるでしょう?頑張って働いてくれてるんだから大丈夫ですよ。それに貯金より美しくなる方が嬉しいじゃないですか」と言った。








大丈夫なんて、何を知って言っているのか。それとも仕事柄こういう返しをするしかないのか。

他の二人の客は私達の会話を静かに聞いている。
場違いな自分が恥ずかしく思えた。

そしてエステ終了後、レジにて支払ったのは10,000円程。これでも知人の紹介で安くなった方らしい。

帰宅時、「では最初なので、明日も来られますか?」と聞かれた。
もし通うなら、毎日通う方がいいらしい。

しかし私には毎日出せる金額ではない。

「考えておきます」

何とか逃げる事が出来た。
やはり私には場違い過ぎる。





***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり