場違いなエステ





知人の紹介でエステに行く事になった。

美顔エステなんて行くのは初めて。
本当は美容にそれ程興味はないし、特に今は気持ちが落ちていてそんな気持ちになれない。

だが知人に頼まれ断る事も出来ず、付合いで行く事になったのだ。

席に座ると、早速椅子を倒されて仰向けになる。

エステティシャンが顔を覗き込み、

「わぁー、荒れていますね!まずは徹底的に肌のお手入れをしていきましょう!」と言った。

明るく甲高い声が馴染めない。

あびるように化粧水を何度も回しかけ、次々と私の顔に何やら乗せられていく。
そうしてしばらく手入れをした後、ベットリと分厚いパックが塗られた。このパックをして30分は待つと言う。

このまま目を閉じて眠ろうか……そう思っていたが、そんな気楽にいられない事にすぐ気付いた。

隣にいたもう一人の客が存在感を出し始めたのだ。







エステティシャンがその隣の客の手入れを始める。

すると、今まで静かに座っていた客が、マシンガンのようにエステティシャンと会話をし始めた。

それも客と店員という関係ではなく、それ以上の仲の良さに感じる。常連なのか。

それにしてもテンションが高い。
二人の楽しそうな会話、笑い声を真横で押し黙って聞いている自分、とても居心地が悪かった。

そして更に、次の予約客がやってきた。

ドアが開き、「こんにちはー!」と声がした途端、エステティシャンと客は二人揃って、「あ、ミキちゃん、遅かったね!」と嬉しそうにその新たに来た客を迎え入れた。

なんだ?次の客も常連か?これはさらに居辛い。


――続きます。






***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり