ライバル心





愛犬が美味しそうにオヤツを食べている。
食べた事がない程の美味しさなのか、夢中になってガリガリと噛んでいる。

それはスティック状のサツマイモにササミを巻いたオヤツだ。私は普段、あまり市販のオヤツを与えない。
これは私のパート先の人から頂いた物だ。

折角頂いたので愛犬にあげると、この喜びよう。
その様子を見ている時間だけが、私の心を落ち着かせた。

* * * * * * *

そのオヤツはパート先の男性から貰った。

「ころりさん、これ」

男性から可愛い紙袋を渡され、すぐにホワイトデーのお返しだと分かった。

「お気遣いありがとうございます」

正直、こういうやり取りが面倒なので、バレンタインデーやホワイトデーが嫌いだ。
紙袋をふと見ると、中にチョコらしきお菓子と共に、犬のオヤツが入ってるのが見えた。

「あ、これ……」

驚いて私がそう言うと彼は、

「うん、犬を飼ってるって言われていたので。良かったら」

と言い、ニッコリ笑った。


私はとても嬉しくなった。
彼は30代前半の未婚の若者だ。こんな風に気遣いが出来るなんて。

「本当に嬉しい。ありがとう」

私は心が温かくなり、笑顔でその男性社員と離れた。
が、それも一瞬の事で、次の瞬間、背後から機嫌の悪い声が聞こえた。

「今の、何?」

酒家さんだった。
近くにいるのは気付いていた。

だが私が特別ではない。彼は全ての女性のお返ししているはずだ。実際、酒家さんのデスクの上にも、今貰ったばかりと思われる私と同じ紙袋が置かれていた。なのに酒家さんは猛烈に機嫌が悪かった。

「ホワイトデーのお返しだと思うけど?」

私はそう返したが、そのまま酒家さんから返事は無かった。
その後、彼女とは会話していない。私の何かが彼女を怒らせてしまった。
あぁ……本当に女性がいない職場に行きたいと心から思う。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事