40代に始めるべき介護脱毛





skin.jpg


ある記事が目についた。

“介護される前“の世代が注目「介護脱毛」 ニーズ高まる背景は?

この記事を読んで想像以上に驚いた。
ここまで介護の為の脱毛が必要だと言われている事に。

以前、私も脱毛体験をした事がある。

私の脱毛はただの無料体験で終わってしまったが、その時にエステティシャンが言っていた事を思い出した。

「最近は美容の為だけでなく、老後に介護される時、迷惑をかけないように…って、40代50代の方でVIO脱毛をされる方が急増しているんですよ」

「そうですか…」

その時の私は適当に聞き流した。

紹介されて仕方なく無料体験に行ったものの、本契約をする気配のない私にエステティシャンが大袈裟に言っているだけだろうと思っていた。
単なるセールストークかと。

が、この記事を読み、本当にそういう時代なのか…と少なからず衝撃を受けた。



本当に介護脱毛は必要なのか?
コメントを読んでいても、やはり介護体験者は脱毛してくれていた方が楽だという意見が多い。

そう言われるといつか老人ホームや病院でお世話になるかもしれないし、これは今すぐ実行するべき?

記事によると、脱毛するならアンダーヘアーが白髪になる前、40代には始めた方が良いと書かれている。
となるとゆっくり悩んでもいられない。

だけど…その痛さを考えるととても私には無理。
それがストレスになり鬱が復活してしまいそうだ。

だがいつか老人ホームの大浴場で風呂に入る時、私だけが未処理で恥ずかしい思いをした…なんて事を想像すると本気で悩んでしまう。
それに介護員に迷惑をかけると思うと…どうするべきか。


そして脱毛問題とは別に、さらにこの記事の中で気になった事があった。
脱毛をしている40代の女性が、「娘にお世話になるかもしれないから迷惑をかけないように…」と、子の世話になる事が頭のどこかにある事にも少しがっかりした。
やはり子がいる女性は皆、「子に世話になるかも」という気持ちがあるのだ。

最近では、「親も自立する時代。子に頼らず介護サービスを利用しましょう」という考えも多く、私が周囲の人に「子供がいないから…」と老後の不安を口にした時なども、「何を言っているの!私は子供がいるけど老後に世話になるつもりなんて一切ないわ」という同年代の女性も増えているように感じていた。

そんな言葉で私も励まされ、老後は子がいてもいなくても不安は一緒、皆自立しているのだから私も子がいる人を羨んでばかりではいけないと言い聞かせていた。

だがこの記事で、脱毛の理由が「子に迷惑をかけないように」と書かれているのを読むと、結局私の親世代と変わりはなく、40代50代の女性でも子に世話になる期待感はゼロではないのね…と寂しい気持ちになった。

とにかく誰に世話になるとしても、介護脱毛はやるべき事なのだろうか?
と言いつつ私は出来ないと思うけど。






***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事