お見舞い





ある日、叔母から書留が届いた。

普段付き合いが全くない叔母。どういう事だろう?
不思議に思いながら封筒を開けると、そこには現金と手紙が添えられていた。

内容を読んで納得した。
叔母は先日私が交通事故に遭ってしまった事を母に聞いたらしく、その見舞いに……という事でわざわざ気を遣ってくれたようだ。

叔母の気遣いのある手紙は嬉しかったが、その反面重くも感じた。
そんな大袈裟な事じゃないのに。
こんな事をしてもらったら、どう返せばいいのか分からない。

封筒の中には、見舞いというには多額過ぎる金額が入っていた。
叔母にしてみれば、普段会えない姪に見舞いと小遣いを兼ねてのつもりだろうと思う。しかし素直に受け取れない。

さらに手紙の最後に、「これは気持ちなのでくれぐれも返しなどしないように!」とハッキリ書かれてしまった。

本当に素直に受け取るだけでよいのだろうか。

私はとりあえず礼の電話をかけた。
久々に話す叔母は私の体調を気遣ってくれたり、金の事は本当に遠慮なく受け取って欲しいと言われ、私はただ礼を繰り返すばかり。



そして会話の途中、叔母が気になる事を言った。

「ころりの母から連絡を貰わなかったら、事故に遭った事も知らずにいたわ。良かった連絡してくれて」

え?
まさか?

うちの母から叔母に、娘が事故に遭ったとわざわざ連絡をしたという事?
大した事故でなく、大怪我をした訳でもないのに?

そんな連絡を受ければ、誰だって見舞いをしなければならなくなる。
まるで見舞金の催促ではないか。

私は怖くなった。
母の事だからこの叔母だけでなく、他の親戚にも一人一人電話し、「娘が事故に遭いました」と知らせているのではないか。
どうして自分の中だけで止めておけないのだろう。母はいつもそうなのだ。何かあればすぐに誰彼構わず知らせようとする。

「本当に大した事ないのに……ごめんなさい」と私が叔母に謝ると、叔母は分かっているという風な口ぶりで、

「いいじゃないの。気にせずに甘えておけばいいのよ」と言った。

叔母は私の事もよく分かっているのかもしれない。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事