帰れ





事故以来、夫の親から頻繁に連絡がある。
入院している時も、時間にして24時間も病院内にいなかったぐらいなのに、義母はタクシーで飛んできた。

本当ならわざわざ親に連絡する必要はなかったのだが、事故の日の帰り、夫の実家に寄ると言ってあった為に知らせるしかなかった。

大した怪我ではないと分かり、少し安心した様子の義母であったが、事故に遭ったと聞いた時のショックが忘れられないようで、その後も何かと私達の生活に口を出すようになった。

先日も突然家にやって来て、

「ころりさん、まだ体が痛むでしょう?無理しないで。家事は私がするから」と言い、私がどう断っても聞いてくれない。

食事の用意はもちろん、洗濯までされてしまうから私は苦痛で仕方がない。

「あの、本当にどこも痛くないので大丈夫です。洗濯は自分でしたいので」とまでハッキリ言っているのに、

「ダメよ!無理しちゃダメ!私がするからゆっくり座っていて」と言ってきかない。


その日だけかと思い我慢したが、翌日もインターホンが鳴った時には「まさか」と気分が悪くなった。
事故が原因ではなく、義母のせいで体調が悪くなりそうだ。

夫に相談し、夫から義母に「来なくていいから」と念を押してもらった。

しかし驚いた事に、翌日も義母はタクシーで家までやって来たので私は言った。

「お義母さん、毎日来て頂くのは大変でしょうから、本当にもう結構です」



すると義母は言った。

「そうなのよ。毎日タクシー代が勿体ないわよね。私、しばらくこの家に泊まろうかしら?」

……最悪!

どうしてそうなるの⁉そこまでの怪我じゃないと言っているのに。もう来てもらわなくてもいいと言っているのに。

慌てた私は言った。
「でも私は仕事で留守にする日もあるので、お義母さんに一人で家に居てもらうのは難しいかと……」

義母は、「え?私?一人で全然平気よ~」と全く動じない。

私の迷惑な気持ちに気付いていながら、気付かないフリをしているようにも見えた。

私はフルフルと心が震えながら言った。

「本当に、本当に、ご自分の家でゆっくりされて下さい。私もその方が気楽ですので。すみません」

もっとハッキリと、「帰れ!」と叫びたい程の気持ちだったが言えなかった。

義母は機嫌が悪くなり、まるで子供のようにプゥ!と頬を膨らませて帰って行った。

もっと引いて欲しい。
自己主張が強すぎる。

交通事故よりその後の数日の方がずっと疲れてしまった。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事