白髪をみつけた日





最近私は白髪がいっきに増えた。

まだ毛染めが必要なほどではないが、探せばすぐにパラパラと見つけられる。
着実に歳をとっている、そう実感する。

昨日、夫とまた子供の話になった。
いつ話しても、同じ内容の繰り返し。

私は、自分の体力に自信がないと言った。
今回、派遣で働いていた期間も疲労感が強く、夕飯を作る体力がなかった。最近も、スーパーで買った惣菜などで済ます日が続いている。

そして、どうみても私はホルモンバランスが悪い。卵巣が老化している。
もし奇跡的に妊娠しても、この状態で妊娠を保てるのか?流産の可能性も高い気がする。

実際、知人が流産したと最近立て続けに何件が聞いた。全く他人事ではない。逆に自分が何も問題なく順調に出産出来るとは思えない。

婦人科では昔から普通分娩は難しいだろうとも言われている。そして私のこの年齢だ。やはり不安は拭えない。

また、若い頃なら「出産の為に実家に帰ります」と、出産前から親に頼る事もあるかと思う。
だが、私の場合はもともと母親と距離を置きたい関係なのに加え、この年齢になった今、もう親には頼れないと思う。そうなると陣痛がきた時どうするのだろう。一人でタクシーを呼んで病院に行けるだろうか?

さすが友人がいない引きこもり。
こんな無駄な想像を一人巡らせ、不安感が膨らんでいく。



結局私は、そういった事を乗り越えてでも欲しい!と強く思えないのだ。

ただ、夫の喜ぶ顔が見たい。
私と結婚した為に、その手に子供を抱かせてあげられない事に罪悪感を感じる。

特に私達の場合、これまで長い間私の鬱が酷かったので、何も努力出来ない日々が続いた。
子供が出来る可能性がある重要な時期を、私の為に無駄にさせてしまった……昨日それを夫に、本当に悪いと思っていると伝えた。

夫は、「そこまで気にしてくれなくても、もともとどうしても欲しいってタイプでもないし、今は僕自身も同じで、もう欲しいピークは過ぎた」と言っていた。
夫は40代半ば。この年齢で子供が出来ても、幼稚園、小学校などの行事に参加する自分を想像すると、その頃には50代。ちょっとキツイかな、と言った。

そして、夫は収入の低さが最大に気になるらしく、定年を迎える頃には子供にまだまだお金がかかる時期で、本当にやっていけるのか不安だと言った。

そう、夫の言葉通り、私達二人とも「子供が欲しいピークは過ぎた」のだ。

もうこの辺で線を引こうか、自然とそういう会話になった。
それは今月なのか来月なのか、ころりが決めればいいと言われたけれど、多分、また心が行きつ戻りつしながら、少しずつ子供がいない暮らしを受け入れる事になると思う。

その会話をしている時、たまたまTVで、赤ちゃんのCMが流れた。
コロコロの赤ちゃんが、スベスベの肌で笑っていた。一瞬沈黙になり、二人で何も言わずCMを眺めた。

夫が「今こんなCMが流れるなんて」と言いながら笑った。
私も「だよね」と言って一緒に笑った。

心が揺さぶられないようになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。





***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり