笑顔が見たくて





今年最後のイベント。
地域で行われる「年末子供会」。

クリスマス会と忘年会を合わせたような集まりだが、これもやはりいつもの通り子供の為のイベント。
子供の為にゲームをしたり、お菓子を配ったり……。

近所の子供達が成長すればイベントは減っていくのではないか?と期待していたがその気配はない。

今回も一応参加するようにと私も声をかけれらたが、他の人は年末の忙しい時期という事もあり不参加が多いようだった。
それならば私も断りやすい……と、用事があると言って何とか断った。



そしてその「年末子供会」の夜。

寒くて暗い街灯の下で、楽しそうに笑う若い母親達がいた。その周囲にはキラキラしたお菓子の入った袋を持った子供達がキャーッと高い笑い声をあげている。どうやら会が終わった帰りのようだ。

皆楽しそうだな……。

見ていると、私も子供がいればこういった行事に対する気持ちも違ったのかもしれないと思った。あんな楽しそうな子供が見られるなら、仲間に入りたい、交流したいと思うかも。

確かに女性同士の付き合いは苦手だが、子供の笑顔を見る為なら?
無理に努力するというより、その笑顔を見たいという欲の方が勝り、自然と他人と交流できるのかもしれない。

それ程その日の子供達の笑顔は輝いていた。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事