アレルギー





少し前から香りに癒されるようになった。

玄関やトイレには芳香剤を置き、リビングではお香を焚き、浴槽には入浴剤を入れ、寝室ではアロマポットを使った。

統一性がなく使用する素材はバラバラだが、香りは全てカモミールを選んだ。

常に香りの中で暮らしていると、時々外に出て香りのない世界に行った時、とても味気なく感じる。物足りなくて落ち着かない感じ。

香りの世界はふんわり何かに包まれているようにリラックス出来た。
多分神経が香りに集中する事で、余計な事を考える余白がなくなるのかもしれない。


しかしある日、私は最近くしゃみがよく出る事に気付いた。
更に目が痒い。もしかして花粉症か?こんな時期に?そういえば今年は秋にも春の花粉が飛んでいると聞いた。きっとそれだ、と私は日が過ぎるのを待った。

だがしばらくすると、くしゃみどころか鼻水がズルズルと出てくるようになり、よく鼻が詰まるようになってきた。

花粉症か鼻炎なのかは分からないが、今回は長引いているな……と思っていた。

それでも私は深く考えずに香りを楽しむ事は続けていた。
更に洗濯時には今まで使用していなかったのに、香り付きの柔軟剤を使うようになった。これで洋服を着ればどこにいても香りに包まれる。
同じようにハンドクリームやボディクリームも好みの香りを探すというハマリぶり。



そんなある日、お腹の辺りが強烈に痒くなってきた。
見てみると、虫刺されのように赤くプックリ膨れている。

こんな季節に蚊に刺されたか?
最初はそう思ったが、よく見ると少し離れて点々と複数の赤い斑点になっている事に気付いた。
それにそれは蚊に刺された時のような丸い形ではなく、全て楕円形の赤い発疹だった。

その発疹はみるみるうちに広がり、あっと言う間に全身が赤いブツブツだらけになった。
それが猛烈に痒い。体が温まるとその痒さは堪らなく、夜寝る時には寒いが、毛布を被ると温かくて痒さに耐えられない為に、寒さと痒さの葛藤となった。

すぐに病院に行くと、「アレルギーでしょう」と言われた。

「最近何か変わった物に触れたり、変化はなかったですか?」と医師に聞かれてもすぐには分からなかった。

「布団やタオルを変えたとか、食事や化粧品、芳香剤や洗剤などで何か思い当たる事は……」と医師は言った。

……あります。
そう、そうです!

私はようやく気付いた。最近の香り生活が原因だ。その中のどれに反応したのかよく分からないが、それらが関係している事に間違いないだろう。特にこの発疹は皮膚に直接触れる柔軟剤が関係しているとしか思えない。
医師にもそう説明すると、「きっとそうですね」と言われ、とにかく今周りにある芳香剤関係を全て排除するようにと言われた。

そして今。
私は無臭の中で暮らしている。逆にアレルギーに対して過敏になり、空気清浄機をつけずにはいられない。

こうして私の香り生活は一瞬にして終わった。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事