普通の夢





悪夢を見るのが当たり前だった。

何年も前から、もしかしたら子供の頃からずっと悪夢しか見た事がなかった。自分のうめき声で目を覚ましたのも一度や二度ではない。いつも暗くて怖くて逃げなくてはいけない夢ばかりだった。

だがそれが最近変わってきた。

ある日目が覚めた時、いつもの不安感がない事に気付いた。いつもは目が覚めた瞬間、黒い闇が胸に広がるような感覚がある。何と聞かれれば上手く答えられないが、胸騒ぎのような、何か目に見えない未解決の問題が待っているような気がしていた。

だがこの日は違った。

あれ?いつもの闇がない。
窓から入る光が明るく感じる。寝室の空気が綺麗に感じる。

よく考えると、前日に見た夢が「普通の夢」だった事を思い出した。






楽しい夢とまではいかないが、知人と会話しているような日常的な夢だったと思う。今まで見ていた誰かに追いかけられるとか、誰かと口論するような夢ではない。普通の夢。

なんだか新鮮な気持ちだった。

私にしては珍しい事だったが、偶々だと思った。二十年以上も悪夢を見続けたのだ。そんな簡単になくなる訳がない。

しかし次の日も、その次の日も普通の夢だった。
そして目が覚めた瞬間の心の重さもなかった。

なぜだろう?薬のおかげ?
まだ薬を服用し始めてからそれ程経っていないし、以前服用していた時はずっと悪夢を見続けていた。

理由はよく分からないが悪夢から解放されたのは嬉しい。
今まで信じられなかったが、人は悪夢以外の夢を見るんだと実感している。

夫にこの話をすると、「僕は夢なんてほとんど見ないけど」と言っていた。

本当はそれが一番健康的なのかもしれない。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事