逃げた秋祭り





犬の散歩をしていると、顔なじみの主婦に会った。


「あれ?腰どうかされたのですか?」

見ると、その主婦は腰にサポーターを巻き、痛そうに腰に手を当てていた。


「秋祭り。荷物運んだり片付け手伝ってたら腰痛めてね」

ズキッと心が疼いた。

そうだ、今日は秋祭りの日だった。私は今回は「どうしても都合が悪い」と言って不参加だったのですっかり忘れていた。

「そうでしたね、今日でしたね、すみません私都合が悪くて参加できなくて」と、私は小さい声で言った。罪悪感でいっぱい。



「いいのよ、それなら仕方がないわ」とその主婦は言いながら、

「うちは主人も参加してね。主人も同じように腰痛めて今寝てるのよ。年寄りだけど頑張ったから」と続けた。


私は更に居心地が悪くなり、「そうですか……」と言うのが精一杯。

主婦は、「でも思っていたより皆参加してくれていたし、協力し合ったから良かったわよ」と言っていた。

耳が痛い。

それも「都合が悪くて不参加」にしたくせに、私は外出する事なくその日は一日家にいた。嘘だと見透かされている気がする。こんな事なら嫌でも無理に参加すれば良かったと後悔した。

「ではまたね」と主婦は笑顔で去って行ったが、私の心は曇った。




***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事