麻酔と安定剤





最近ずっと体調が悪い。

食欲もあまりないが、腸の調子も悪く一日中異物感がある。下腹が常に重くシクシク痛む。更には不正出血まであり、吐き気が続く。

消化器内科を受診し、年齢的に考えても内視鏡の検査をした方が良いという事になった。

少しでも楽に出来るよう経鼻胃内視鏡でお願いする。
最初に鼻の穴に麻酔を効かせる為に長い棒を入れたまま放置された。これが意外と苦手。
看護師が「ちょっと緩み辛いですね……う~ん、もうちょっと我慢してね」と言いながら更に奥にグイッと棒を突っ込む。気分が悪い。

目を閉じてジッと我慢していると、看護師がカルテを見ながら質問してきた。

「安定剤を服用しているって事だけど、かなり長期間?」

安定剤や抗鬱剤を服用している事は最初の問診の時に医師に説明した為、カルテに書かれていたようだ。

「いえ、最近服用し始めたところです」



過去にも服用していた時期があるがそれは省いた。

「それなら大丈夫だと思うけど、抗鬱剤や安定剤を服用していると内視鏡の麻酔が効きづらいので……」と看護師は言った。

一瞬にして不安感が膨らむ。
そうなのか?もし麻酔が効かなかったらどうしよう……。緊張で力が入る。

別に麻酔が効かなかったからといって、一瞬の苦しみだ。どうって事はない。
そんな風に思おうとするのに心と体は言う事を聞かない。不安で怖くてどうしようもなくなる。

しかし結果、今回の検査ではいつも通りの麻酔の効き具合だった。終わった事にホッとしたものの、改めて今後精神薬を服用し続ける事に迷いが生じた。

精神薬を服用している事が原因で麻酔が効き辛くなるなんて。

その検査以後、気楽に安定剤を服用し辛くなり日々心が震えながらも我慢して生きている。





***Ranking***
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ



***another blog***






関連記事
Posted byころり
よく読まれている記事