私って何なの?





医師との相談で、認知行動療法やセラピーという話はさておき、とりあえずは薬での改善を試しましょうという事になった。

だが私は困惑した。
今回の医師も前回の医師も共通しているのだが、「どうしますか?」と聞いてくる。
あくまでも決めるのは自分。薬の作用や効果の説明をしてはくれるが、どの薬を服用するか最終的に決定するのは本人に任された。

以前通っていた心療内科の医師はその点も違った。
「この薬がいいと思う」と言い、ある程度医師が決めてくれる。そこに本人が疑問や拒否感があれば話し合うというスタイルだったが、今はそれが逆で本人主体。

それが慣れていないせいか、戸惑ってしまう。

もしかしたら私が抗鬱剤等が初めてでなく、ある程度の知識や服用歴がある為にそういった対応をされているだけかもしれないが。

SSRIを長期的に服用するか?このまま抗不安剤でしのぐか?

私は昔からSSRIの方に抵抗があった。長期というのもあるし、イメージでSSRI(抗鬱剤)というだけで、とても強い薬を服用するので覚悟がいるという思いがあった。

しかし今まで何度かSSRIを服用した事により若干抵抗感も薄れている。

更に今回の医師は私が抗不安剤に依存し過ぎていると言った。
まずは今の私の服用している薬の種類に問題はないが、その服用ペースに問題があると。
辛いと思ったら何錠もまとめて服用してしまう。かと思えば家にいる日には全く服用しないように我慢する日もある。その落差が激しい。


そしてその服用する日も量も増えてきている為、このままだと完全に依存してしまうし、この1年間も内科で処方された別の安定剤を深く考えず毎日服用し続けていた為、「それは長期的に服用するべきではない」と説明され、「多分既に依存している部分があると思うので、いきなりその薬をやめるのではなく、今後徐々に減らしていきましょう」という事になった。

今までの医師の中では最も薬に対して慎重な医師だと感じた。
だが逆にいつの間に私はここまで薬に対して抵抗感がなくなっていたのだろう?と思った。昔はあれ程拒絶していたのに今では辛ければサプリ感覚で服用してしまう。

以前の医師の事は信用していたし、今でも良い先生だと思っている。
だが薬を簡単に処方する傾向があり、ある程度の量なら気にする必要はないという言葉を何度も聞いた。
それはあの医師が、薬でまずは楽になりたいという患者の気持ちが分かり過ぎていたからかもしれない。良くも悪くも。

今回の医師は抗不安剤を最小限に抑えるべきであり、長期的にはSSRIの方が依存性が少ないし、長期間薬を服用するのであればSSRIの方を勧めると言った。

だがSSRIは即効性がない。
何ヵ月、何年という単位での効果を試すしかない。
その上今までガブ飲みしていた抗不安剤を減らす、最終的にはやめるという事になってくると「大丈夫だろうか?」と不安になる。

結局その日処方された薬はSSRIのみ。
抗不安剤は手持ちが残っていると正直に言ってしまったから。

心療内科に通い薬を貰って楽になる。そのつもりだったのだが、まさかの「減らしていく」という結果になり乗り越えられるのか不安で仕方がない。

それにSSRIが本当に自分に必要なのかも分からない。

長々と薬について医師と話し合い、帰り際に私は医師に聞いた。
「結局私って何なのでしょう?SAD?鬱病?それとも他の何か?もしくは本当はそこまで心が病んでいる訳ではなくてただの甘えなのかな……って分からなくなります」

「SADであるという事は言い切れると思いますが、それだけではなく色々な要素が重なっていると思います。心の病というのはこれだと一つだけに決められるものではないです」

私は礼を言って診察室を出た。
しばらくはこのクリニックに通う事になるだろう。だが果たしてそれに終わりが来るのだろうかと重い気分になった。




***Ranking***
にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ



***another blog***




関連記事


よく読まれている記事
Posted byころり